洗った後は乾かそう

カビが生えないようにする

他の家庭用調理器具は、傷つかないよう柔らかいスポンジで洗うのが基本です。
ですがまな板は、柔らかいスポンジでは汚れを全て洗い流せないかもしれません。
タワシを使ってください。
タワシなら、こびり付いた汚れでも落とせます。
また洗剤を使って洗う人が多いですが、それだけでは足りません。
塩を使うのがおすすめです。

塩には殺菌効果があるので。まな板に付着したバイ菌を退治したり、これからバイ菌が付着するのを防ぐ効果が期待できます。
洗ったら、しっかり干してください。
天気の良い日に、日陰干しにすると乾きやすいです。
しっかり洗っても、乾かさないとカビが繁殖してしまいます。
カビが生えたら、どうしようもないので買い替えるしかありません。

定期的なお手入れがカギ

漂白剤を使って、殺菌するのも良い方法です。
直接漂白剤をまな板に付けるのではなく、布巾に付けてください。
その布巾をまな板にあてて、数分放置しましょう。
時間が経過したら、綺麗にまな板を洗って乾かしたらお手入れの終了です。
気が向いた時に、お手入れするのではいけません。
定期的にお手入れをしないと、カビの繁殖は防げないでしょう。

中には、木製のまな板を使っている人がいると思います。
その場合は傷んだら表面を削るのが、最も良い方法だと言われます。
しかし木製のまな板は、カビが繁殖したり腐ったりしやすいので、お手入れが苦手な人にはおすすめできません。
お手入れが苦手なら簡単に扱える、プラスチック製のまな板がおすすめです。