お手入れの方法を調べよう

比較的お手入れが簡単な素材

現在、お店に行くとほとんどのフライパンは表面加工されています。
お手入れが簡単なので、誰でも扱いやすいと評判だからです。
そもそも焦げ付きにくい材質なので、仮に汚れても軽く拭くだけで落とせます。
ですが、傷はつきやすいです。
使っていると、次第に表面のコーティングが剥げて汚くなったと感じるかもしれません。

長持ちさせるためには、優しく汚れを拭き取ることが大切です。
余計な力を入れて擦ると、傷ついてしまいます。
柔らかいスポンジを使うと力を入れなくても汚れを落とせますし、傷がつきにくくなります。
洗剤が残らないよう、しっかり洗い流すこともポイントです。
フライパンを洗ったら、触って洗剤が残っていないかチェックしてください。

鉄でできているフライパン

鉄製のフライパンは使い終わった後と同じぐらい、使う前のお手入れが重要です。
いきなり食材を入れて炒めるのではなく、油を敷いてなじませてください。
フライパンを強火で熱して、油はお玉半分ぐらいの量で十分です。
するとフライパンの表面に油がコーティングされ、汚れや傷がつきにくくなります。

調理が終わったらすぐに、お湯を入れてください。
お湯を入れることで、汚れや油が浮き上がって洗いやすくなります。
柔らかいスポンジで丁寧に洗ってから、よく乾かしましょう。
自然乾燥させるより、弱火で熱して完全に水分を飛ばした方が良いです。
鉄製のフライパンはお手入れが難しいと言われますが、基本的なお手入れをしていれば良い状態が長持ちします。